FXにも使えるんじゃないか、この考え方

どうも、カワセミです。

前回、カートの話をしましたが、書いてるうちに気づいたことがあるんです。

考え方について、FXに使えるんじゃないかと ゚+。(ノ`・Д・)ノオォオォ。+゚

それはですね。

サーキットを走るとき、まずコースを見ます。
出来るようでしたら、歩いて1周します。
(原付バイクのレースの時はよくやりました。)


サーキット歩く

ゆっくり見ることで、どう走るかイメージが出来ます。

そして、実際に走ってコーナーを早く曲がるときのコツですが!

素早く、曲がれるスピードまで減速して、適切な角度でハンドルを切り、車を出口に向けて、
アクセルをONという動作をするのですが、実は遅くなる一番の原因が

感情なんです。

コーナーに入るときに、怖いからと言って、ずいぶん手前からブレーキを
踏んでしまっては、遅くなります。

熱くなって、「まだいける!」って、オーバースピードでコーナーに突っ込んで行けば、
コースアウトしてしまいます。

今のコーナーが気持ちよく曲がれたって思い調子にのって、次のコーナーに
オーバースピードで飛び込んいっったら、スピン・・・・ orz

ドライバーの気持ちでは、自然界(物理)の法則には、逆らえないんです。

時速50kmでしか曲がれないコーナーは、時速55kmでは曲がれないんです。

「今日はラッキーデーだから、時速70kmでまがっちゃうよん♪」

といって、コーナーに突っ込んで行ってください。

間違いなくコースアウトが出来ます。

コースアウト

この事だけなら、私は預言者になれます。

本当に早く走るためには、メンタルが強くないと駄目なんです。

如何に冷静にいられるかがキモなんです。

これが、FXにも使えると思ったところなんですね。

「うおっ、損した!、取り返しちゃる!!!」っと注文を入れた時は、
必ず損をします。(コースアウト)

何度、師匠に怒られたことやら。(前回参照) ・゚・(ノД`)・゚・。

FXとどんなところが、共通だなっと思ったところを比較して書いてみますね。

カート:走る前にコースを歩き
FX:日足、4時間足、1時間足など複数のチャートを見て

カート:ブレーキングポイントや、クリッピングポイントになりそうな、
    目印となる杭や看板を見つけます。
FX:値動きの節目や壁を見つけます。

カート:感情を殺し、冷静にコーナーを一つ一つこなして行く
FX:想定どおりの損切り、利確決済をする。

カート:冷静でいれば、コーナーリング中にタイヤが滑っても、直ぐに
    カウンターを当てて立て直せる。

FX:予想外の値動きにも、保全をかけた注文が出来る

どうです。

勝つため(早く走るため)に共通点、多くないですか

世の中共通点って多いですよね~ ( ´・ω・`)_且~

ここまで、読んで頂きまして、ありがとうございました。

もし、書いてある文章でわからない言葉とかがありましたら、
ぜひ、コメント下さい。
何とか、調べて回答させて、頂きます。
(どうしても、わからない場合は、師匠に泣きつきます)

name

にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ



 

 

ここまで、読んで頂きまして、ありがとうございました。



記事がおもしろかったら、ポチッとな
にほんブログ村 為替ブログ FX初心者本人(1年目)へ
にほんブログ村もう一つおまけに、ポチッとな
 
FX初心者 ブログランキングへ
 

もし、書いてある文章でわからない言葉とかがありましたら、 ぜひ、コメント下さい。 
何とか、調べて回答させて、頂きます。
  (どうしても、わからない場合は、師匠に泣きつきます)


月1回のボーナス 新FX
     

コメントを残す

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

サブコンテンツ

このページの先頭へ