米議会の混乱でドル円は予断を許さない状態でしょうか

今週も始まりましたね。

アメリカでは議会が大変な状態ですね。

シナリオ:米国初のデフォルトはどう起こるか

引用:[ワシントン 4日 ロイター] – 米議会が債務上限引き上げで合意しなければ、米債務は17日にも16兆7000億ドルの上限に到達する見通し。財務省の日々の収支がどうなるのか正確には分からないため、デフォルト(債務不履行)がいつ、どのように発生するのか予測するのは難しい。

しかし、財務省の過去の同時期の銀行との取引明細書を見れば、今後どのぐらいのペースで資金が枯渇していくのか推測することは可能。以下、財務省の2012年10─11月の取引明細書を基にデフォルト前後に予想される展開をまとめた。

<10月17日>

財務省は借り入れを上限以下に抑えるための手段を使い果たし、債券の新規発行が一切できなくなる。この日は67億5000万ドルの税収が見込まれるが、社会保障関連で109億ドルの支出がある。こうした収支の結果、最終的な手元資金は275億ドル程度になる見通しだ。

<10月18─29日>

この時期、財務省の手元資金は急激に減少する。支出1ドルに対して収入70セントとなり、差額を賄うための新規債券発行もできない。

22日には収入が支出を35億ドル上回る見通しで、状況は一時的に好転する。ただそれも長くは続かず、24日には再び資金繰りが厳しくなる。財務省はこの日、軍事関連の下請け業者への支払いが18億ドル、メディケア(高齢者医療保険)に基づく医師・病院への支払いが22億ドル、社会保障関連で111億ドルの支払いが見込まれている。これに対して、税収・その他の収入はわずか96億ドルと見込まれる。

この時点で、米債券への信頼感が失われる可能性がある。政府はもはや債券を発行することはできないが、償還を迎えた債券を借り換えることは可能。投資家は毎週、1000億ドルの米債券をキャッシュアウトする機会があるが、再投資を選択することが多い。デフォルトへの警戒感から再投資が敬遠されれば、財務省の資金繰りは一挙に崩壊する。

 

FX(外国為替)は国同士の価値の綱引きです。

政府機関が止まってしまっては、国の価値が下がってしまいます。

せっかくFRBが量的緩和の延長でドルの価値を上げたのに、
政府が下げちゃいましたよね。


円安に向かうのはむずかしいかなぁ

 

 

ドル円日足チャート

三角持合(ペナント)を下にブレイクしまして、
下がっている状況です。


下がっているロウソク足の頭の部分をつないで引いた
レジテンスラインが効いている状態で、その線に抑えられて
下がっている状態です。


雲(一目均衡表)も難なく抜けて下がっています。

日足 

 

 

 ドル円4時間足チャート

レンジ相場です。

ミドルラインに抑えられて、値が下がっています。

97.2円の壁(水平線)付近でもみ合っています。

 

 4時間足

 

 

ドル円1時間チャート

レンジ相場です。

下向きのです。上に厚そうな雲(一目均衡表)が控えています。

上向になるには、大きな材料がいるかもしれませんね。

 

1時間足 

 

今日は、大きな経済指標発表もありませんから、

静かなマーケットとなりそうでしょうか

 

ここまで、読んで頂きまして、ありがとうございました。
デフォルトは困る方は ポチッとな
にほんブログ村 為替ブログ FX初心者本人(1年目)へ
にほんブログ村

FX初心者 ブログランキングへ
もし、書いてある文章でわからない言葉とかがありましたら、
ぜひ、コメント下さい。
何とか、調べて回答させて、頂きます。
(どうしても、わからない場合は、師匠に泣きつきます) name
 

 

ここまで、読んで頂きまして、ありがとうございました。



記事がおもしろかったら、ポチッとな
にほんブログ村 為替ブログ FX初心者本人(1年目)へ
にほんブログ村もう一つおまけに、ポチッとな
 
FX初心者 ブログランキングへ
 

もし、書いてある文章でわからない言葉とかがありましたら、 ぜひ、コメント下さい。 
何とか、調べて回答させて、頂きます。
  (どうしても、わからない場合は、師匠に泣きつきます)


月1回のボーナス 新FX
     

コメントを残す

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

サブコンテンツ

このページの先頭へ