マグロとって来ます。マグロ漁船には乗りませんでしたけどね。

プロフィールでGさんのところのことは書きました。

 

>>Gさんところの時のこと

 

実は、それ以前にも、海外でお仕事?
経験があるんです。


 

その国は、フィリピン。

 

なんとなく、みんなのイメージはわかりますけど、
それはマニラ(ルソン島)の話です。


 

最近のニュースでちょこっと出てきますが、イスラム系武装勢力、
モロ民族解放戦線(MNLF)があるミンダナオ島に行っていました。


 

知らないって、最強ですよね。

バカボン

 

自分がやっていました仕事が、どうにもならなくなった時に、
縁あって、紹介して頂いた方がフィリピンでマグロを
日本へ空輸している業者さんでした。


 

現地に行って仕事を覚えてきなよと、言われましたが
初めはとんでもない!


 

今の仕事をほかれませんし、そんなところにいけませんよ

 

断ってもいましたが、仕事自体に魅力を感じて、
結局はいくことにしました。


 

何処へ、ジェネラルサントスシティです。

 

帰国してから知りましたが、外務省ではレベル3
「渡航を延期してください」の地域でした。(笑)


 

 

どうもおかしいと思ったのですよね。

 マニラについて現地の人に何処に行くの?って
聞かれた時、ジェネラルサントス市って言うと100%の人が
「危ないから行っちゃダメ」って言ってくれました。♪


 

そんなこと言われましてもねぇ

 

航空チケット取っちゃたし、現地で受け入れ態勢できてるし。

 

後には引けない状況ですよ(笑)

 

マニラで1泊して、翌日飛行機でジェネラルサントス市へ、
到着して周りを見ての第一印象は。


 

おおぉ田舎だ。

 

 空港から見渡す限り、草原ですもん。

 

空港までは、現地のスタッフが迎えに
きてくれていました。


 

そこから、まずは会社に移動。

 

道路は、舗装道路と未舗装がはんはんぐらいでしょうか。

 

結構建物があるな~と思っていたら、到着。

 

あら、ゲート鉄板じゃん、しかも高さ2Mは越えているし
中は全く、何も見えません。


 

車がクラクションならしたら、警備の人が、ゲートを
開けてくれまして、中に入ります。


 

こぎれいな事務所+工場でした。

 

中で、ちょっと説明を受けた後、ホテルに
チェックインしに、向かいます。


 

夕食のときにまた、工場に向かいますとのことで、小休憩。ε-(‐ω‐;)

 

1人になって、改めて「来ちゃったよ~」って思いましたよね。

 

全く見知らぬ土地、かろうじて3人ぐらい日本語が
話せるスタッフがいる。


 

そして、今では笑える一言ですが、当時は凍りつきますよ。

 

その一言です。

 

「絶対、1人で出歩かないでくださいね」

 笑顔で教えてくれたのですが、イヤイヤイヤ、
意味が分からないし(´-∀-`;)


 

といいますか、泊まったホテルの前もそうですが、
ちょっと大きいお店の前にはガードマンが立っているのです。


 

しかも、全員ショットガンかマシンガンぶら下げているんですもん。

 

サバイバルゲームでエアガンをパシパシ撃ってはいたので
銃の形とかある程度は知っていました。


 

試しにガードマンさんに、


「玉見せて♪」


 

とお願いしたら、見せてくれました。

 

弾が入っている部分が半透明でしたから、良く見えましたよ。ええ。

ショットガン 

 

鉛の弾が5,6個、大きさが8mmぐらいでしょうかね。

 

こんなので、撃たれたら人の形なくなっちゃう (*/∀\*)

当たり前ですが、「本物?」と聞きましたら、

 

「YES!」

 

と師匠顔負けの笑顔で答えてくれたのが、
今も記憶に残っています。


 

でも、こんなことは、序の口でした。

 

翌日には、送ってきてもらいました人は、日本に飛び立っていきました。

 

さて、本当に1人です。

現地の会社の社長と専務は日本人ですが、
そのほかのスタッフは当たり前ですが、現地の人。


 

住む所とかの段取りの関係上、クリスの家のほうの
ホテルに泊まることになりました。


 

まあ、やっぱり1人で、社長が帰り際に

 

「1人で出歩かないでね」

と笑顔で念を押してくれました。

 

そこまで、いわれちゃ出歩く勇気も
ないってもんですは ← ヘタレ


 

トドメにですよ。

 

1階のカフェ(らしき)ところでお茶飲みながら、インターネットを
して時間を潰していたときに、玄関から軍人さん到着♪


 

迷彩のボストンバックを担いで、20人ぐらい

工エエェェ(´д|゚∀゚)っ|`)ェェエエ工

 

絶対その中に機関銃はいってるでしょ (`・д・´)9m ビシッ!!

 

このホテルでドンパチやらないでねってマジで思いましたね。

 

カフェのスタッフに「軍人?」ってききましたら、
またまた、笑顔で

 

「YES!」

 

もう外に出るのは諦めて、
部屋に引きこもりましたね。


 

こんな感じで 始りましたが

今更ですが、実はカワセミは英語が話せません。
もちろんフィリピンですからタガル語なのですが、
残念ながらタガル語もわかりません。


 

フィリピンは、タガル語と英語が公用語ですので、仕事を覚える
プラス英語の語学留学も出来ちゃうと、プラス思考でフィリピンに
行きましたが、そこはカワセミ、しっかりオチを作ります。


 

タガル語も多少は(当時フィリピンパブがはやっていましたので)意味が
分かっていたのですが、現地で会話を聞いても、全くわかりませんでした。


 

もうちょっと知っていたつもりでいたが、何言っているのか、
全くわかりません。


 

そこで、クリスに「何の言葉?」って聞きましたら、「ビサヤ語」ですって、
英語が覚えれるかなと思っていましたが、それどころではなくなりました。

 

どうしてかといいますと、出身地で言葉が違う、学校に
行っていない人は英語がわからない。

 

全部話せる人は、混ぜて話す。

 

それはもう、わかんないでしょ。

 

例を挙げますと

トライシクルで港に通っていました。

トライシクル
 

その時に、クリスが運転手に

「フィッシュポート バイ」

と言っていました。

 

聞き間違いかなと思っていましたが、何度聞いても

「フィッシュポート バイ」

でしたので、クリスに聞いていました。

カワセミ:「何で漁港買うの?」

まあ、クリスは大笑いでしたね

「ビサヤ語で、バイは行ってという意味ですよ」

ですって

カワセミ:「じゃあ、買うは?」

クリス:「バイ(buy)」

カワセミ:手を振りながら「じゃあ、バイバイは?」

クリス:笑い転げる

こんな、アホなやり取りをして、次の日からは

トライシクルを捕まえて、行き先を言う役は私になりました。

 

当然、帰国した後もまともに英語が話せれるようには
なれなかったです。Orz


 

さあ、次回はマグロの買い付けかと思いきや

>>続く

 

ここまで、読んで頂きまして、ありがとうございました。
カワセミはアホやなと思った方は ポチッとな
にほんブログ村 為替ブログ FX初心者本人(1年目)へ
にほんブログ村

FX初心者 ブログランキングへ
もし、書いてある文章でわからない言葉とかがありましたら、
ぜひ、コメント下さい。
何とか、調べて回答させて、頂きます。
(どうしても、わからない場合は、師匠に泣きつきます) name 


 

ここまで、読んで頂きまして、ありがとうございました。



記事がおもしろかったら、ポチッとな
にほんブログ村 為替ブログ FX初心者本人(1年目)へ
にほんブログ村もう一つおまけに、ポチッとな
 
FX初心者 ブログランキングへ
 

もし、書いてある文章でわからない言葉とかがありましたら、 ぜひ、コメント下さい。 
何とか、調べて回答させて、頂きます。
  (どうしても、わからない場合は、師匠に泣きつきます)


月1回のボーナス 新FX
     

コメントを残す

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

サブコンテンツ

このページの先頭へ