フォレックステスターで過去検証をしよう。実際に注文編

フォレックステスターで過去検証を始めましょう♪

前回、過去データを取得しまして、データ変換をしました。

 

>>過去データ取得方法はこちら

 

画面左上にあります「ヒストリーモード」をクリックしまして、「テストモード」に切り替えます。

 

「テストモード」の隣にある「StatTest」ボタンをクリックします。

クリックすると拡大します。

クリックすると拡大します。



「StartTest」ボタンをクリックしますと、何日から始めますかと
ダイアログが表示されます。


クリックすると拡大します。

クリックすると拡大します。



ここでは、初めからテストを開始します。

 「テスト開始後、一時停止する」にチェックを入れまして、「テスト開始」を
クリックします。


 テストがスタートしまして、一時停止します。

クリックすると拡大します。

クリックすると拡大します。



 ここで、「StopTest」をクリックします。

 どうして、と思いますでしょうが、タイムフレームを変更したいからです。

 

クリックすると拡大します。

クリックすると拡大します。



 「一時停止」ボタンをクリックするごとに、チャートが動いたり、止まったりします。

 「一時停止」ボタンの横にある「1minute」がテストデータの使用する時間足です。

ここでは5分足の練習をしますので、1分足のデータを使用します。

 

1分足のデータを使用しますと、5分足の1本のロウソク足の動きも
見えるようになりますので、1分足の設定で行います。


 

1時間足のテストをする場合は、もっと長い時間足でやった方がいいかもしれませんね。

 

 

さあ、テストします。

「一時停止ボタン」をクリックしますと、チャートが動き出します。

 自分のルールに沿ってトレードしてくださいね。

 順張りでの注文の仕方を説明をします。

 

チャートが実際に動いていきますが、トレードのタイミングまでは、
待ちになります。


フォレックステスターのいいところは、トレードのタイミングまで
早送りが出来るところですね。


 

早送りしてみましょう。

クリックすると拡大します。

クリックすると拡大します。



「一時停止」ボタンの横にありるバーをクリックしたまま(ドラッグ)左右に
動かしますとチャートに表示される、ロウソク足の速さが変わります。


 

トレードするタイミングになるまで早送りすることが出来ます。

これで、何年分もテスト出来ますよね。

今日1日のチャートを1日かけて見ていたら、時間がかかって
しょうがないですもんね。(笑)


 

成行注文の方法

クリックすると拡大します。

クリックすると拡大します。



 画面上部にある「注文」→「成行注文」をクリックします。

 

注文画面が表示されますので、注文の情報を入力します。

クリックすると拡大します。

クリックすると拡大します。



 注文の数量(ロット数)を入力しまして、売り(ショート)
買い(ロング)をクリックします。


ここでは、成行注文をしますので、ストップロスリミットは入力しません。

自身のトレードルールが決まっている場合は入力してくださいね。♪

クリックすると拡大します。

クリックすると拡大します。



「売り」又は、「買い」のボタンをクリックしますと、注文が確定します。

ここでは、買いの注文を入れました。

画面が通常のチャート画面に戻りまして、チャート上には赤い○でBUYと
表示されて、緑の点線のラインが表示されます。


 

ここが買ったポイントですね。

また、画面下のターミナルウインドウにも注文が確定しました
情報が表示されます。


MT4(メタトレード4)と同じですね。

日本語表示の分だけわかり易いかもしれません。

買い注文の時はやはり、買った(注文した)瞬間はマイナスになります。

 

スプレッド(手数料)分ですね。

始めのうちは注文する前に「一時停止」ボタンを押して、チャートを
止めておくことをお勧めします。


 

チャートが動いていて注文作業をするのに焦って間違いを起こしていては、
本末転倒ですからね。


 

まずは、根拠のあるトレードが出来ることが目的です。

慣れてきましたら、チャートを動かしながら注文すればOKです。

それが出来るようになれば、本番のMT4(メタトレードー4)
トレードするのがずいぶん楽になりますよ。


注文が確定しましたら、チャートを動かしましょう。

 

やらかしました。 :(;゙゚’ω゚’):

 

クリックすると拡大します。

クリックすると拡大します。



「一時停止」ボタンを押した瞬間、決済ポイントを通過してしまいました。(´Д`)ハァ…

 

「チャート表示スピード」を全開にしていたのを忘れたまま、「一時停止」ボタンを
押してしまいました。(笑)


 

チャートを止めてから、注文していましたので、チャートスピードをそのままで
稼働してしまいました。


 

一時停止した後、再生するときはご注意ください。
(こんなミス、カワセミぐらいしか、やらないかもしれませんが(笑))


 

過ぎてしまったものは、しかたありません。

もう一度値が上がると考えまして、そのまま損切りせずに、
ポジションを保有します。(ポジポジ病か?


 

一応予想通り、以前の高値まで値が戻りましたので(ホッ)決済をします。

クリックすると拡大します。

クリックすると拡大します。



 ターミナルウインドウの注文が確定している行を右クリックしますと、メニューが表示されます。

 

表示されたメニューから、「ポジションを決済」をクリックします。

ここでも、始めのうちはチャートを一時停止しています。

フォレックステスターの操作が慣れるまでは、一時停止して
トレードの方に集中しましょう。


決済が完了しますとチャート上に○Sellと買ったポジションから
売ったポジションまでラインがひかれます。


クリックすると拡大します。

クリックすると拡大します。



一目で儲かったか、損したかがわかります。

同じ通貨のチャートすべてに注文ポイントと決済ポイントが表示されます。

 

どれぐらい時間がかかったかわかり易いですよね。

今回は、本当なら2時間ぐらいかかっていました。

 

シュミレーションの凄い(良い)ところは、約2時間が5分ぐらいで体験できます。

 

初心者がトレーダーになる最適なツールですよね。

 

ターミナルウインドウに残高も計算されて表示されます。

 

MT4(メタトレーダー4)でもストレージテスターを使用しまして、過去検証が
出来ますが、フォレックステスターを使用しますと、収支までシュミレーションが
出来ますので便利ですよね。


 

このようにして、実際の過去データを使用して過去検証をしますと、
自分に合ったトレードスタイルが見えてきます。


 

ぜひ、勝ちパターンを見つけてくださいね。

 

皆さんのトレードに役立てれば幸いです。

 

 フォレックステスター2を使ってみようと思った方はコチラから入手できます。

クリックするとフォレックステスターのHPが開きます。

クリックするとフォレックステスターのHPが開きます。



無料版で1か月分のテストが出来ますので試してみるといいですよ♪

 

ここまで、読んで頂きまして、ありがとうございました。



記事がおもしろかったら、ポチッとな
にほんブログ村 為替ブログ FX初心者本人(1年目)へ
にほんブログ村もう一つおまけに、ポチッとな
 
FX初心者 ブログランキングへ
 

もし、書いてある文章でわからない言葉とかがありましたら、 ぜひ、コメント下さい。 
何とか、調べて回答させて、頂きます。
  (どうしても、わからない場合は、師匠に泣きつきます)


月1回のボーナス 新FX
     

コメントを残す

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

サブコンテンツ

このページの先頭へ