トレードに勝つ方法の見つけ方と、スプレッドの落とし穴

スプレッドってご存知ですよね。( ゚Д゚)ハァ?

クリックすると拡大します。

クリックすると拡大します。



FXの証券会社を見ていますとスプレッド国内最小とか1PIPS(ピプス)とか
たくさん書いてありますよね。


このスプレッドが証券会社が取る手数料になります。

クリックすると拡大します。

クリックすると拡大します。



ちょっと、気になりましたのでこのスプレッドについて書いてみます。

 

スプレッドの落とし穴

FXの相場にはスプレッドという買い(ASK)と売り(BID)の 差があります。

なので、ポジションを持った瞬間は、必ずスプレッド分負けて(損益)いるのです。

「スプレッドなんか1pips(証券会社によって違います。)じゃん!」と
気にもしていませんでしたYO!


 

でもですよ、ちょっと気づいちゃったんです。

スプレッドって、1回取引(トレード)する毎にかかることを・・・

クリックすると拡大します。

クリックすると拡大します。



カワセミは負けが込んでくると、ポジポジ病にかかります。

ポジポジ病とは、とにかくポジションを保有したがる症状です。

冷静にチャートを見てみれば、今はトレードチャンスでは無く、
「見(けん)」だと判断して相場がトレードに適した状態になるまで、
注文を入れずにチャートを見ているものです。


 

注文を入れずに待つことが損するのではないかとか、どちらかといいますと
負の感情(自分の欲とか不安とか)で、チャートを見て自分の都合のいい理由を
つけてポジションを保有してしまいます。
 

こういった状態では、ほとんど負けます。 

市場(マーケット)を見てトレードするのではなく、自分の都合でトレードする訳ですから、
勝てる要素が見当たりませんね(;´Д`)
 

ポジポジ病は別として、少ない利益で(自分ではリスクを減らしているつもりで)コツコツと
利益を積み重ねれば儲かるものだと思っていました。


ちゃんと計算が出来ていればその通りなんですけどね。

 

その計算がポイントでした!

どうして、気づいたかといいますと、勝率50%でも勝てるという言葉からでした。

「損小利大」の言葉から確かに!と思っていましたが、単純に計算をしたのですが、
ちょっとビビってしまいました。


わかり易く計算してみました。

1ヶ月に1回のスイングトレードと、1日に10回トレードをするスキャルピングで
1ヶ月(25日計算)を行ったとします。


10回×25日×1pips=250pipsです。

 

あら、スプレッドコストが、250倍も違う・・・

スイングトレードでは1ヶ月に2pips以上取れれば勝ちになりますが、スキャルピングですと
252pips取らなければ負けてしまいます。
 

ちょっと、いくらになるか計算してみましょう♪

米ドル/円の1万通貨でトレードしていたとすると1pips=1,000円ですから

250pips×1,000円=250,000円

 



 

金額にすると、心に響きますorz(←カワセミの場合)

 

トータルで考えますとデカいですね。(; ・`д・´)

 

このことを、知っておくことは大切な気がします。

 

これを踏まえて、トレードの戦略を考える時に、参考になるかもしれませんので、
単純なルールで計算してみますね。
 

利益確定を、10pipsとして、損切りを50pipsとします。 

これで、勝率が50%で売買できたとしますと

  1回目 勝ち +10pips

  2回目 負け -50pips

  3回目 勝ち +10pips

  4回目 負け -50pips

  5回目 勝ち +10pips

  6回目 負け -50pips

  7回目 勝ち +10pips

  8回目 負け -50pips

  9回目 勝ち +10pips

 10回目 負け -50pips

————————–

                 -200pips

あら?

負けてる・・・

 

勝率50%なら-200pips負けています。( ゚∀゚)・∵. グハッ!!

 

利益確定を10pips、損切りを50pipsですと、実際には9勝1敗でないと
負けてしまう計算になりました。
 

こうして簡単な計算をしますと、わかり易いのですがFXのトレードとなりますと、
なぜか見落としてしまいます。


クリックすると拡大します。

クリックすると拡大します。



色々なトレード方法がありますので、一概には言えませんが、特にEAを使われる方は
よ~く見ておいた方がいいと思います。


人の手でのトレードで毎日10回は結構、神経が削れると思いますが、
EAでは条件が合えば淡々とトレードが実行されまして、それ以上のトレード回数も
不可能ではないですからね。
 

勝率にプラス、スプレッドがのってきましたらちゃんとした利益確定を計算しないと
どんどん負けてしまいます。


 

勝率は50%を上回っているのに資金が減って行ったら泣けますよね。( ;∀;)

 

特にEAを使われる方は注意してくださいね。

 

おまけ

トレードで含み損が出ると損切りをせずに、ちょっと利益が出ると
利益確定してしまうケースが多いと思います。
 

これは心理学上、人間はそういう思考回路になっているそうです。

これを、覆すのは非常に難しいので、トレードに対してルールを作ったり、
機械に任せたりする方が得策だと思います。


クリックすると拡大します。

クリックすると拡大します。 



師匠もそうですが、トレードで勝ち続けている人が、自分のトレードのルールを
作っている理由がイメージできますよね。
 

初めのうちは、そのルールをマネしてから、徐々に自分に合ったトレードルールを
作っていくのがトレード勝つ近道だと、思いますよ。


 

 勝っているトレーダーのやっているところを見るのもアリですね。

 

 

ここまで、読んで頂きまして、ありがとうございました。



記事がおもしろかったら、ポチッとな
にほんブログ村 為替ブログ FX初心者本人(1年目)へ
にほんブログ村もう一つおまけに、ポチッとな
 
FX初心者 ブログランキングへ
 

もし、書いてある文章でわからない言葉とかがありましたら、 ぜひ、コメント下さい。 
何とか、調べて回答させて、頂きます。
  (どうしても、わからない場合は、師匠に泣きつきます)


月1回のボーナス 新FX
     

One Response to “トレードに勝つ方法の見つけ方と、スプレッドの落とし穴”

  1. 匿名 より:

    Lot数の記載をされた方がよいのでは?
    1万通貨1枚の1pipsは1000円ではなく、100円です。

コメントを残す

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

サブコンテンツ

このページの先頭へ