シリア化学兵器問題は、国連安全保障理事会が機能しましたね。

 いや~、戦争が始らなくてよかったですね。

国連

シリア化学兵器、14年前半に全廃 安保理が決議採択

【ニューヨーク=杉本貴司、ブリュッセル=御調昌邦】国連安全保障理事会は27日、緊急の会合を開き、シリアに化学兵器廃棄を義務付ける決議を全会一致で採択した。2年半に及ぶシリア内戦を巡り、安保理は米国とロシアの対立で機能不全に陥っていたが今回初めて対応がまとまった。シリア問題で国連と共に動く化学兵器禁止機関(OPCW)が10月に関連施設を査察。2014年前半までに全廃する。化学兵器問題の解決に向けた動きがようやく動き出す。
ニューヨークでの安保理会合に先立ちオランダ・ハーグではOPCWが廃棄計画を決定した。決議によって廃棄計画が法的拘束力を持つことになり、シリアはこれに従う義務を負う。オバマ米大統領は「国際社会にとって大きな勝利となる」と表明した。

決議が採択されたことで、OPCWがまとめた計画に基づいて化学兵器の廃棄に向けた作業が始まる。廃棄計画はシリア政府に対して全面的な協力を求めるとともに「担当者がシリア国内のいかなる施設も無制限に査察できるようにする」と明記。10月1日までの関連施設の査察開始や、11月1日までの生産設備の廃棄なども盛り込んだ。さらに、シリア政府に1週間以内に化学兵器に関する追加情報を提出するよう求めた。

シリアは8月に使用したとされる神経ガスのサリンなど約1000トンの化学兵器を約50カ所に分散して保有しているとみられる。同国は9月に化学兵器禁止条約への加盟を申請しており、廃棄に応じる姿勢を表明している。ただ、続く内戦を口実に廃棄に応じない懸念が残る。激しい内戦状態の中で査察作業を実施しなければならず、廃棄計画通りに実施できるかも分からない。

こうした事態に備えて安保理は、化学兵器を廃棄しない場合は「国連憲章7章に基づく措置をとることを決める」との文言を決議に入れた。経済制裁や外交断絶に加え武力介入も可能とするもので、実際に制裁する場合は安保理が再度決議する見通しだ。

アサド政権の後ろ盾であるロシアはシリア内戦に関して安保理での拒否権を3度も行使する異例の対応を続けてきた。実際にシリアが廃棄に応じず国際社会が制裁を求めても、ロシアがこれに応じるかは不透明だ。

シリアの化学兵器疑惑を巡っては米国などが軍事介入の準備を進め、8月末から9月にかけて国際社会に緊張が走った。14日の米ロ合意で軍事介入は回避された。決議の素案づくりはこの合意に沿って進んだが、米欧が「憲章7章の下で直ちに行動する」という強い内容にこだわったのに対しロシアが反対。結局、制裁の際には再協議する内容で決着した。
引用:日経新聞 2013/9/28 11:59

 

 



シリアの化学兵器問題は、国連安全保障理事会で
平和的に問題解決が出来そうですね。


 

いや~、戦争にならなくて良かったです。

 ちょっと、見方を変えて今回の問題を見てみました。

 

シリアのアサド政権を続けたい政府軍 vs 政権を変えたい反政府軍。

どちらが、使用したかはわかりませんが、化学兵器を
使用して大量に被害者を出しました。


 

 

勝手な解釈ですよ。

使用しましたのが、イスラエルの近くの都市。

化学兵器

 

ただでさえ、イスラム諸国とあまり仲が良くないところに、
隣の国シリアで、更にイスラエルの直ぐ近くで使用されました。


 

イスラエルは大慌て。

 

仲のいい西側諸国に相談して、「けしからん」とのことで
アメリカを始め、化学兵器は徹底排除だと各国も賛同しました。


 

では、武力行使の大義名分をもらうためにアメリカが代表で
国連に話を持っていきました。


 

 

待ち構えていたのは、ロシア

イスラエルが行なったことと同じで、シリアは同盟国ロシアに

相談に行っていました。

 

相談を持ち込まれても、分が悪い(実際に化学兵器は誰かが使用している)、
そこで化学兵器の調査、廃棄をシリアにやらせるから武力行使はやっては
いけないと、国連で各国と話し合いました。


 

ロシアは当然、安保理の拒否権をちらつかせていたでしょうが。

 

以前のアメリカのブッシュ大統領あたりでしたら、「俺が正義だ」とか言って
ミサイルの発射ボタンを押していましたでしょうが、そこはノーベル平和賞を
もらっているオバマ大統領。


 

平和的に解決しないといけませんよね。

 

国連での約束で、守らなかったら武力介入もするぞの文言を
いれて、今回アメリカは、刀を鞘に収めました。


 

でもですよ、本当は攻撃したかったでしょうね。

 

ここからは、経済。

 実際、戦争って、強引ですが強力な
経済対策なんですよね。


 

最近は白兵戦とかはしなくなりましたから、遠くから
ミサイル撃つことが、多いです。
近くに行くといっても、空爆です。


 

ミサイル1発何千万ですからね。

 

ミサイルランチャー
 

空爆で飛ぶ飛行機が何百億、それが何十機と飛んで、
何百発とミサイル撃ちますからね。


空爆 

 

もう、下手すると何兆円のお金が使われます。

 

最近、アメリカの経済は良くなっているとは言われますが、
実体は微妙な感じがしますからね。


 

ミサイル1発で経済効果!

 

ミサイル 

ですから、ホンネではやりたかったのでは、
無いでしょうか。


 

為替でも、微妙に円高になってきていますしね。

 

皆で、平和的にチャートを見ましょう♪

 

世界各国のパワーバランスが見えますよ。

 

 

 ここまで、読んで頂きまして、ありがとうございました。
ロシアやるなと思った方は、ポチッとな
にほんブログ村 為替ブログ FX初心者本人(1年目)へ
にほんブログ村

FX初心者 ブログランキングへ
もし、書いてある文章でわからない言葉とかがありましたら、
ぜひ、コメント下さい。
何とか、調べて回答させて、頂きます。
(どうしても、わからない場合は、師匠に泣きつきます) name

ここまで、読んで頂きまして、ありがとうございました。



記事がおもしろかったら、ポチッとな
にほんブログ村 為替ブログ FX初心者本人(1年目)へ
にほんブログ村もう一つおまけに、ポチッとな
 
FX初心者 ブログランキングへ
 

もし、書いてある文章でわからない言葉とかがありましたら、 ぜひ、コメント下さい。 
何とか、調べて回答させて、頂きます。
  (どうしても、わからない場合は、師匠に泣きつきます)


月1回のボーナス 新FX
     

コメントを残す

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

サブコンテンツ

このページの先頭へ