【MT4入門】MT4で日本、欧州、NY市場の営業時間を表示する方法

MT4(メタトレーダー4)で日本、欧州、NY市場の各市場の
営業中の時間を色分けしてわかりやすく表示する方法です。


 

FXは24時間いつでも取引が出来ることは、知っていますよね。

何故取引できるかといいますと、世界中の市場がそれぞれの
時間で営業しているからです。


 

日本時間で代表的な時間を書きますとこんな感じです。

 

アジア市場(まあ、日本です):9:00~17:00

ユーロ市場(多分ロンドン(笑)):16:00~1:00

アメリカ市場(ニューヨークです):22:00~7:00

 

地球が丸くて、時差があることが、ここでもわかりますね(笑)

現地の人は普通に朝起きて夜寝てますから。

 

ここで、FXのメリットとデメリットですよね。

24時間自分の好きな時間に参加できるというメリット

寝てる間(休んでいる間)もFX市場は動いているので、変なところで
ポジションを持っていると見事に損をします。(カワセミは経験あり orz)


 

でもですよ。

 

FX市場の特性を知っていれば、利益につながることが多いので、
この市場の特性も味方につけちゃいましょう。 ♪


 

流通量(取引量)の多い市場がオープンすると通貨ペア
値動きは活発になります。


沢山のトレーダーが参加することで、テクニカルも効いてくる
(予測しやすくなります)


アジア圏(日本市場)よりも、ユーロ圏、アメリカ圏の市場が
開いた時に動く傾向が強いので、その時間はチャートを
チェックしたいですよね。(´∀`*)


 しかし!MT4(メタトレーダー4)の表示時間は日本時間ではない!(GMT2)

そこで、どの市場が営業中かどうか、一目でわかる
インジケータを見つけました。 Σヽ(`д´;)ノ !


 早速、インストールします!

 

 

MT4にオープンしている市場をわかるようにする

 インジケーターになっていますので、インジケーターをダウンロードします。

 インジケーターダウンロード

 ダウンロードしたファイルの保存場所を覚えておいてくださいね!

 ダウンロードは無料ですよ。(n‘∀‘)η
世の中には親切な人がおっぱいいっぱいいます。


感謝!感謝!です。

 

MT4(メタトレーダー4)にインストールします。

MT4(メタトレーダー4)は閉じておいて下さいね。
(開いていますとインジケーターをインストールしても反映されません)


WindowsボタンからMT4(メタトレーダー4)を開くときにクリックする
場所を右クリックします。


サブメニューが表示されますので「プロパティ」をクリックします。

クリックすると拡大します。

クリックすると拡大します。



 MT4(メタトレーダー4)のショートカットのプロパティが表示されますので
「ファイルの場所を開く」をクリックします。


 

クリックすると拡大します。

クリックすると拡大します。



MT4(メタトレーダー4)がインストールされているフォルダーが開きますので、
experts」フォルダをダブルクリック(開きます)します。


クリックすると拡大します。

クリックすると拡大します。



 exparts」フォルダーが開きますので、フォルダー内の「indicators」フォルダーを
ダブルクリックします。(開きます)


クリックすると拡大します。

クリックすると拡大します。



indicators」フォルダーが開きましたら、ダウンロードしましたSessions.mq4
張付けます。


クリックすると拡大します。

クリックすると拡大します。



これで、MT4(メタトレーダー4)にインストールが完了しました。

 

MT4にインジケーターを表示させる。

MT4(メタトレーダー4)を立ち上げます。

いつもの様にチャートに表示させましょう ♪

 

クリックすると拡大します。

クリックすると拡大します。



 ここでは1時間足のチャートに反映させます。

1時間足のチャートをクリックしてから、画面上部にありますメニューから
挿入」→「罫線分析ツール」→「カスタム」→「Sessiones」をクリックします。


クリックすると拡大します。

クリックすると拡大します。



 プロパティ画面が表示されますが、そのまま「OK」をクリックします。

(細かい設定は実はカワセミはわかりません :(;゙゚’ω゚’): )

 

クリックすると拡大します。

クリックすると拡大します。



 各市場のオープン時間が色分けして表示されました。

クリックすると拡大します。

クリックすると拡大します。



 色の説明は、

緑:日本市場

紫:欧州市場

青:ニューヨーク市場 

となります。

 

よく見ますと、青の部分が大きく動いていることが多いですよね。

こういったところからも、チャートを読み解く力をつけてください。

ちなみに5分足チャートにも、表示してみました。

クリックすると拡大します。

クリックすると拡大します。



5分足チャートを全画面表示をしても、2つの市場営業時間が表示させれるぐらいです。

このチャートを見ますと、日本市場から欧州市場に変わったら、
レンジ相場から一瞬下降トレンドになりましたね。


 

各市場の、オープンクローズ通貨ペアの値が大きく動くことが
ありますので、チェックポイントにもなりますので、便利だと思いますよ。


 

 

MT4(メタトレーダー4)の設定

他にもMT4(メタトレーダー4)の設定を知りたい方ははこちらをクリック!

 

【MT4入門】設定からトレードまでこれだけでOK?

 

皆さんのトレードに役立てれば幸いです。 m(__)m

 

ここまで、読んで頂きまして、ありがとうございました。



記事がおもしろかったら、ポチッとな
にほんブログ村 為替ブログ FX初心者本人(1年目)へ
にほんブログ村もう一つおまけに、ポチッとな
 
FX初心者 ブログランキングへ
 

もし、書いてある文章でわからない言葉とかがありましたら、 ぜひ、コメント下さい。 
何とか、調べて回答させて、頂きます。
  (どうしても、わからない場合は、師匠に泣きつきます)


月1回のボーナス 新FX
     

コメントを残す

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

サブコンテンツ

このページの先頭へ