【MT4入門】MT4(メタトレード4)ですぐに注文(エントリー)をする方法

MT4(メタトレード4)ですぐに注文(エントリー)
する方法です。


さあ、実際に注文をしましょう♪

ここでは、MT4(メタトレーダー4)で成行注文の仕方を説明します。

FX(外国為替証拠金取引)の注文方法に成行注文があります。

現在の時点で通貨ペアが今から上がるだろうと予測すれば、
買い注文(ロング)、下がるだろうと予測すれば売り注文(ショート)
入れる方法を成行注文といいます。

MT4(メタトレーダー4)でトレードパネルを表示する 

MT4(メタトレーダー4)には、色々な注文方法(エントリー)が
ありますが、ここではトレードパネルを表示させて、すぐに注文が
出来る方法をやってみます。


クリックすると拡大します。

クリックすると拡大します。



チャート画面の左上に見にくいですが、小さく表示されている通貨ペア
時間足、直近のロウソク足4本分の価格が表示されています。


その通貨ペアの左先頭部分に小さく「▼」が表示されていますので、
その部分をクリックします。


クリックすると拡大します。

クリックすると拡大します。



クリックしますと、チャート上にトレードパネルが表示されます。

クリックすると拡大します。

クリックすると拡大します。



チャートの左上にトレードパネルが表示されました。

 

 いきなりクリックしないで下さいよ!

 

即注文になりますから、不注意で損をするのが、
一番悲しいです。 (つд⊂)


 

トレードパネルの説明です。

トレードパネル上部の真ん中に表示されていますのが、
注文するロット数となります。
(1ロット=1万通貨)

ロット数の左右にあります「▼」「▲」をクリックしまして、注文数を
変更できます。


また、直接数字を入力することも出来ます。

 

クリックすると拡大します。

クリックすると拡大します。



 注文数を入力しましたら、売り注文(ショート)の場合は
SELL」の部分をクリックしますと売り注文が確定します。


買い注文(ロング)の場合は、「BUY」の部分をクリックしますと、
買い注文が確定します。


下に表示されている数字が、その時の注文する通貨ペア
現値となります。


 

買い注文(ロング)売り注文(ショート)の現値が
違うじゃんと思った方!


 

その通りです。m9(・∀・)ビシッ!!

 

この価格の差がスプレッドと言われる手数料になります。

この金額の差はFX証券会社によって変わってきますので、
デモ口座、または、リアル口座を持っている証券会社の
ホームページなどで確認してください。



 

 

また、トレードパネルは色が青と赤に変わります。

 

これはその時の通貨ペアの買い気配売り気配によって
リアルタイムに変わります。


チャートが表示されている瞬間足の気配ですので、値動きの
流れが上がっている場合(買い気配)でも市場(マーケット)は
値が上下しながら、上がっていきますので色はコロコロ変わります。


トレードパネルの色に左右されないように、トレード前に
しっかり計画(シナリオ)を立ててから注文してください。


スキャルピングや、トレードチャンスを見つけた時に
便利な注文(エントリー)方法ですよ。


 

 

MT4(メタトレーダー4)の設定

 

他にもMT4(メタトレーダー4)の設定を知りたい方ははこちらをクリック!

 

【MT4入門】設定からトレードまでこれだけでOK?

 

皆さんのトレードに役に立てれれば幸いです。

 

 

ここまで、読んで頂きまして、ありがとうございました。



記事がおもしろかったら、ポチッとな
にほんブログ村 為替ブログ FX初心者本人(1年目)へ
にほんブログ村もう一つおまけに、ポチッとな
 
FX初心者 ブログランキングへ
 

もし、書いてある文章でわからない言葉とかがありましたら、 ぜひ、コメント下さい。 
何とか、調べて回答させて、頂きます。
  (どうしても、わからない場合は、師匠に泣きつきます)


月1回のボーナス 新FX
     

コメントを残す

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

サブコンテンツ

このページの先頭へ