【MT4入門】FX市場の1日の時間帯での動きを理解して利益確定しよう。

FX市場はご存じの通り、24時間トレードが出来ます。

それは、世界中の市場が順番に開いて、閉まっていくからです。

 

当然、1つの市場が24時間開いている訳ではありませんので、ある時間によって
特徴が出ます。


その目安となる時間を書いておきます。

 

各国のFX市場のオープン(主に3つの市場です)はMT4(メタトレーダー4)の
インジケーターでも、色分けで見れるようにもできます。


 表示の仕方はこちら

それぞれの時間帯の特徴を知っておくと、短い時間でのトレードをする時の
トレードシナリオには欠かせませんので、覚えておいて損はないですよ。


 

日本時間で説明しますね。

 

朝8:00

東京市場のオープン時間です。

クリックすると拡大します。

クリックすると拡大します。



東京市場は、ロンドン市場、ニューヨーク市場に続く世界第3位の取引量がある市場です。

日本すごくないですか、世界でベスト3の取引量ですよ。

東京市場がオープンした後、9:00に日本の経済指標が発表され、日本の銀行が
今日一日の通貨の取引レートを決定します。


この時間帯に大きく相場の動きがあります。

市場開場(8時から12時くらい)

特に銀行の公示レートで日本企業(主に貿易に関わる企業)からの通貨の売り買いが
入る為、ドル売りが多い時は円高方向に、ドル買い多い時は円安方向にトレンドが
形成される事が多い時間帯です。


 

お昼12:00

午前中に動いたFX相場が落ち着くのが12:00からの時間帯です。

ここからフランクフルト市場が始まる15:00までは、FX市場が穏やかになります。

この時間帯で、活躍するのが「ミセスワタナベ」です。

 

クリックすると拡大します。

クリックすると拡大します。



 

2007年頃から、東京のインターバンク市場にて、為替相場の方向性が、昼をはさんで午後になると、相場を反転させる大きな要因はないにもかかわらず反対方向(主にドル買い)へ振れる現象がしばしば見られた。こうした状況が頻繁に起こったため、原因を探っていくと、主に日本の主婦やサラリーマンなどの個人のFX投資家が、昼休みを利用して一斉に円売り・ドル買いの注文を出していたことが判明。相場を左右させるほどの日本の個人投資家の資金力を世界に見せつけた。海外でよく知られた日本人を代表する姓「ワタナベ」から、イギリスの経済紙「エコノミスト」(2007年3月27日号)で「ミセスワタナベ」という言葉が使われた。2002年から2005年までの3年間にFX取引で約4億円の所得を申告せずに約1億3000万円を脱税した所得税法違反容疑で東京都世田谷区の50代主婦が2007年に起訴されて有罪判決が言い渡される事件が報道されると、FX取引は日本の主婦の間でより大きな注目を集めるようになった。

現在では、マーケットを動かす大きな力として認識され、大口のプロディーラーでさえ、その動向があなどれない存在になっている。相場の取引が薄くなり少ない注文でドルが下落する(円高になる)時間帯を狙い、ストップロスを狙う動きをミセスワタナベ狩りという。

ウィキペディアより

 

外国人の方には「ワタナベ」=日本人なんですね。

世界のプロディーラーさえ動向を気にする、日本の主婦層って恐るべし!

 

昼過ぎの時間に一瞬通貨ペアの値が動くときがたまにあります。

これが、「ミセスワタナベ狩り」ですかね?

 

おやつの時間♪ 15:00

ドイツのフランクフルト市場がオープンします。

 

クリックすると拡大します。

クリックすると拡大します。



ドル円相場なんかを見ていても、徐々に動きが活発になります。

欧州のトレーダーたちが、動き出しますね。

 

夕方 16:00

世界最大のロンドン市場がオープンします。

ドイツ、フランスの経済指標発表も重なり、そこからFX相場が活発に動き始めます。

やはり、市場参加者が増えますと取引が活発になりますね。

 

 

夕飯時?19:00

ロンドン市場が現地ではお昼時間になるので、16:00から活発になった
相場変動が落ち着きます。


世界中どこでも行動は一緒ですね。

昼過ぎは穏やかに過ごしたいのでしょうか?

日本のミセスワタナベのような、ボンドガール(笑)は欧州にはいないのでしょうか?

クリックすると拡大します。

クリックすると拡大します。



 

日本時間の21:00のニューヨーク市場が開くまでは、落ち着いた感じとなります。

 

良い子は寝る時間ですよ♪21:00

ニューヨーク市場がオープンします。

 

クリックすると拡大します。

クリックすると拡大します。



日本、ヨーロッパ、アメリカのブローカーが参加する時間帯で、一日の内でもっとも
活発に取引がされている時間帯になります。


また、21:30にアメリカの経済指標の発表があり、それを境に大きく相場が動く
可能性が高いのがこの時間帯です。


為替の通貨でドルが基軸通貨となっていますから、どうしてもすべての通貨ペア
に影響が出ますね。


仕事をしながら、FXをやっている方にすれば、ちょうどチャートを見れる
時間帯でもないでしょうか。


 

深夜2:00

欧州のブローカーが一日の取引を終え、もっとも活発だった時間帯が終わります。

この時間帯からは落ち着きます。

アメリカのビッグママはいないのでしょうか(笑)

 

クリックすると拡大します。

クリックすると拡大します。



いかがでしょうか、1日の時間帯でもそれぞれの特徴があります。

専属でトレードされている方はもちろん注目されているでしょうし、仕事をしながら
トレードをされている方は、仕事の合間にチャートをチェックする時間の目安に
なると思います。


 

時間帯もうまく利用して、儲けてくださいね。

皆さんのトレードの役立てれば幸いです。

 

ここまで、読んで頂きまして、ありがとうございました。



記事がおもしろかったら、ポチッとな
にほんブログ村 為替ブログ FX初心者本人(1年目)へ
にほんブログ村もう一つおまけに、ポチッとな
 
FX初心者 ブログランキングへ
 

もし、書いてある文章でわからない言葉とかがありましたら、 ぜひ、コメント下さい。 
何とか、調べて回答させて、頂きます。
  (どうしても、わからない場合は、師匠に泣きつきます)


月1回のボーナス 新FX
     

コメントを残す

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

サブコンテンツ

このページの先頭へ