【FX用語集】逆指値

逆指値とは、株や為替の取引で収益を上げるためには、「安く買って、高く売る」
あるいは「高く売って、安く買い戻す」ということが基本です。

そのために、現在のレートよりも安い値段で買う、現在のレートより高い値段で
売るという「指値」注文を使います。

これに対して、逆指値とは、より高い値段になれば買う、より安い値段に
なれば売る、という注文方法です。

不合理と思いますが、為替取引における一般的で重要なリスク管理方法の一つです。

予想に反して相場が動く場合に備えて、一定水準以上、相場が反対方向に
動いた時にはポジションを決済して損失を限定しようというときに使います。


損失をなるべく抑えて取引を行なっていく上で非常に重要で、フル活用を
おすすめの注文方法です。

ここまで、読んで頂きまして、ありがとうございました。



記事がおもしろかったら、ポチッとな
にほんブログ村 為替ブログ FX初心者本人(1年目)へ
にほんブログ村もう一つおまけに、ポチッとな
 
FX初心者 ブログランキングへ
 

もし、書いてある文章でわからない言葉とかがありましたら、 ぜひ、コメント下さい。 
何とか、調べて回答させて、頂きます。
  (どうしても、わからない場合は、師匠に泣きつきます)


月1回のボーナス 新FX
     

コメントを残す

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

サブコンテンツ

このページの先頭へ