【FX用語集】購買力平価

購買力平価とは、自国通貨と外国通貨で同じものを購入できる比率によって
為替レートを決定するという考え方のことです。

例えば、世界共通の商品であるマクドナルドのハンバーガーを、
それぞれの国で同じ程度の負担で購入できる比率に為替レートは
調整されるべきであるといった考え方があります。

マックのバーガーすげえ。

ここまで、読んで頂きまして、ありがとうございました。



記事がおもしろかったら、ポチッとな
にほんブログ村 為替ブログ FX初心者本人(1年目)へ
にほんブログ村もう一つおまけに、ポチッとな
 
FX初心者 ブログランキングへ
 

もし、書いてある文章でわからない言葉とかがありましたら、 ぜひ、コメント下さい。 
何とか、調べて回答させて、頂きます。
  (どうしても、わからない場合は、師匠に泣きつきます)


月1回のボーナス 新FX
     

コメントを残す

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

サブコンテンツ

このページの先頭へ