【FX用語集】購買力平価説

購買力平価説とは、為替レートは自国通貨と外国通貨の購買力の比率によって
決定されるという為替相場決定理論のひとつ(為替レートの決定要因を説明する
概念のひとつ)です。

英語表記とは、「Purchasing-Power-Parity Theory」です。


ここまで、読んで頂きまして、ありがとうございました。



記事がおもしろかったら、ポチッとな
にほんブログ村 為替ブログ FX初心者本人(1年目)へ
にほんブログ村もう一つおまけに、ポチッとな
 
FX初心者 ブログランキングへ
 

もし、書いてある文章でわからない言葉とかがありましたら、 ぜひ、コメント下さい。 
何とか、調べて回答させて、頂きます。
  (どうしても、わからない場合は、師匠に泣きつきます)


月1回のボーナス 新FX
     

コメントを残す

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

サブコンテンツ

このページの先頭へ