【FX用語集】スティープ化

イールド・カーブ(金利曲線)は、右上がりのグラフになるのが普通です。

このイールド・カーブの傾きがさらに急(右上がり)になることをスティープになる、スティープ化するといいます。
逆に短期金利と長期金利の差が小さくなる(イールド・カーブの傾きが緩やかになる)ことをフラットになるといいます。

イールド・カーブ(金利曲線)
縦軸に金利の高低、横軸に期間をとったグラフをイールド・カーブ(金利曲線)といいます。
一般的には、期間が長くなるほど金利は高くなります。

 

FX専門用語 まとめてみました。(゚∀゚)

>>FX専門用語一覧表はコチラ

 

ここまで、読んで頂きまして、ありがとうございました。



記事がおもしろかったら、ポチッとな
にほんブログ村 為替ブログ FX初心者本人(1年目)へ
にほんブログ村もう一つおまけに、ポチッとな
 
FX初心者 ブログランキングへ
 

もし、書いてある文章でわからない言葉とかがありましたら、 ぜひ、コメント下さい。 
何とか、調べて回答させて、頂きます。
  (どうしても、わからない場合は、師匠に泣きつきます)


月1回のボーナス 新FX
     

コメントを残す

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

サブコンテンツ

このページの先頭へ