【FX専門用語】FXを原点に戻って考えてみた。その6

 FX(外国為替取引)もなんとなくわかった(その1)


レバレッジや取引モデルも多分わかった(その2)



FX(外国為替取引)市場の分析方法も言葉は知りました(その3)



ファンダメンタルなんて専門用語の意味もきっと理解しました(その4)



トレーダーの心理だけはいっちょまえになりました(その5)


 

そして最後に迎えましたyo!

 

FX(外国為替取引)の戦略

 ここまで、理解すればもうあなたは
天下の大将軍になったも同然です。

キングダム王騎将軍
 

将軍!仕上げと参りましょう♪

 

デイ取引(日計り取引)

デイ取引(日計り取引)戦略とは、購入した通貨ペアを
同日取引終了時間までに売却する取引スタイルの
すべてを言います。


 

デイトレーダーは、素早く利益を出すために短時間で
取引し同日内にポジションの取引を終了させます。

 

デイ取引では、FXトレーダーに起こりうるオーバーナイトリスク、
つまり、寝てる間や市場(マーケット)が動いていない時に起こる
モニターされない為替の変動によるリスクを避けることが出来ます。

 

スカルピングは、FXトレーダーが数ポイントの利益を
狙ってごく短時間で買い(ロング)売り(ショート)
行うデイ取引戦略の1つです。


 

 ニュース取引

ニュース取引では、重要なニュース発表(経済指標発表)や
経済データに基づいてFX取引をします。

 

ニュース取引は、今見ているニュースがどのように
為替マーケットに
反映されるか予測しながら、ごく短時間で
取引を行う方法です。


 

外国為替市場のコンセンサス予想と大幅に異なる相場に
なったときは、
ニューストレーダーにクイックな利益を生じさせるような
為替レートの
値動きの結果であることが多いです。

 

主な経済情報の発表には、雇用情報インフレ情報
小売業の成長と売上高
および中央銀行の利率確定があります。

 

ニュースによる影響はマーケットの思惑によって、時に
直観と違う
動きをすることもありますのでご注意ください。

 

 

スイング取引

スイング取引の戦略は、一般にマーケットの追風に
追従した
ポジションを取り、トレンドフォローカウンタートレンド
両方を狙った取引です。

 

スイング取引は、いろいろな時間足通貨ペアで取引をします。

 

最もよく使われるのが、中短期の取引つまり、数日間の取引です。

 

“スイングトレーダーは、複数のテクニカル指標を組み合わせて、
市場のモメンタムやトレンドを評価します。
この指標は取引ポジションの売りと買い戻しの取引シグナルを
表示してくれます。”

 

よく使われるスイング取引のモメンタム指標は
相対力指標(RSI)です。

 

よく使われるトレンド指標は、移動平均ワイルダー指標

ADX(Average Directional Movement Indicator)です。

 

 

 トレンドフォロー

トレンドフォローは、現在のマーケットの動きやトレンドを
読み取り、トレンドに沿った動きで取引する方法です。

 

トレンドフォローはどんな時でも使うことが出来る戦略ですが、
一般にトレーダーが常に持ち越しを行う長期の取引戦略で使われます。

 

トレンドトレーダーは、チャンネルまたは、1つまたは、複数の
テクニカル指標からなるトレンドチャートパターンで市場トレンドの
強さを分析し、トレンドフォローポジションの売買タイミングを
知らせる
取引シグナルを導き出します。

 

よく使われるトレンド指標は、移動平均MACDです。

 

ワイルダーではADXです。

 

これらは、トレンドの強さを測るために使います。

 

トレンドフォローは、上昇トレンドでは買い(ロング)を、
下降トレンドでは
売り(ショート)のタイミングを見ます。

 

フラット、レンジ相場では、ポジションを持ち越す傾向にあります。

 


 

 キャリー取引

キャリー取引では、高金利の通貨を購入し、低金利の通貨を
売ることで金利の差益を得る取引です。

 

キャリートレーダーは、一般的にレバレッジポジション
長期間保有する運用をします。

 

理想的には、キャリートレーダーは、トレーダー計画した
タイムフレームでより大きな利益を生み出すことを期待して、
高金利通貨が低金利通貨に対して高くなることを期待します。

 

例えば、オーストリアドル(AUD)を買って、同時に
日本円(JPY)を売る
キャリー取引の例では、ポジティブな
利益差益を得るために
6ヶ月を超える取引が必要です。

 

 

チャートレベル取引

チャートレベル取引では、為替レートのチャートを組込んで、
強力なサポートレジスタンスを見極めます。

 

サポートレジスタンスのレベルは、一般にある特定の交換レートで
大きく市場を反転させようとする人間の心理に根ざした指標です。

 

これはラウンドバンナー(キリのよいレート)の近くでおこります。

 

チャートレベルトレーダーは、概してレジスタンスレベルの前で
売り(ショート)を、そしてサポートレベルより高値で買い(ロング)
動きをします。


 

ブレークが起こる場合には、チャートレベルを超えた時点で
ストップオーダーを出します。

 

 

クラッシクチャートパターン取引

クラッシクチャートパターン取引には、信頼できる結果を出せる
チャートパターンを見つけるために、交換レートチャートを
組込むことが必要です。

 

そして、適切なレンジブレイクアウトシグナル
現れた時に
取引をします。

 

クラシック反転チャートパターンは、トレンドの
反転が
来ることを示しています。

 

反転パターンは、ヘッド&ショルダートップ&ボトム
ダブル&トリプルトップ&ボトム、そしてラウンドトップ&ボトム
などがあります。

 

クラシック連続チャートパターンには、フラッグペナント
(三角持合い)があります。

 

このチャートパターンは、大きく移行しているトレンド
中にある
短期の停滞状態を示します。

 

ブレークアウト後は、また同じ方向で大きく動いていきます。

 

クラッシク持合いパターンには、トライアングル(三角)
ウェッジレンジがあります。

 

持合いパターンはブレークが起こるまで、市場取引が
平行線の間に
収まっている状態を示します。

 

よくあるクラッシクな取引パターンは、チャンネルです。

 

チャンネルは、2本の傾斜した平行なトレンド線の隙間です。

 

このチャンネルは、市場取引によって上向きまたは
下向きに変化します。


 

 

インディケーター取引

テクニカル分析による取引は、取引シグナルを
導き出す為に、
1つまたは多数の指標を組み合わせて
分析する事です。


 

この取引シグナルが、市場の動きを予測し値動きから
利益を得るために使われます。

 

テクニカル分析は、価格、出来高、信用取引高などの市場の
観測値からトレーダーに多種多様な指標を提示してくれます。

 

これらの指標は、単独または、いくつかの異なる種類の指標を
組合せて戦略に活用します。

 

取引戦略で人気のテクニカル指標には、移動平均MACD(マックディー)
オシレーターボリンジャーバンドADX(Avereage Directional Movement Index)
相対力指標(RSI)アリゲーター指標ストキャスティクス
オンバランスボリュームがあります。

 

インディケーター(テクニカル指標)は、より客観的に、
マーケットの方向性と、資産の売買のタイミングを提示してくれます。

 

 

結論

FXトレーダーとして成功するためには、
適切なトレーニングが必要です。

 

正しい準備と経験もなく、取引をすることは、
成功する
可能性を少なくすることは明確です。

 

自分のペースで勉強し、外国為替マーケットに
慣れることが大切です。


 

そのうえで、マーケットへの参入をしたほうが無難です。(´∀`)

 

 でもね、学者並の知識がいるわけではありません。

 

しかも、今は無料で練習が出来ます。

 

オススメの練習方法としましては

 

MT4(メタトレーダー4)を入手して、リアルタイムの
相場で
練習する方法と過去データーを取得して
シュミレートする
フォレックステスターがあります。

 

FXトレードの練習に最適なツール

MT4の入手と設定方法はこちら

フォレックステスター2の入手方法と設定方法はこちら 

自分に合ったペースで練習が出来ますので、
りあえずやってみるのもいいですよ。

 

 

ここまで、読んで頂きまして、ありがとうございました。



記事がおもしろかったら、ポチッとな
にほんブログ村 為替ブログ FX初心者本人(1年目)へ
にほんブログ村もう一つおまけに、ポチッとな
 
FX初心者 ブログランキングへ
 

もし、書いてある文章でわからない言葉とかがありましたら、 ぜひ、コメント下さい。 
何とか、調べて回答させて、頂きます。
  (どうしても、わからない場合は、師匠に泣きつきます)


月1回のボーナス 新FX
     

コメントを残す

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

サブコンテンツ

このページの先頭へ