【FX専門用語】FXを原点に戻って考えてみた。その4

実際に文章で書いてみるとFXは奥が深いです。(あたりまえか)

何が長いか

>>その1

>>その2

>>その3

まだまだ続くよ~どこまでも~

 

ファンダメンタル分析

ファンダメンタル分析はテクニカル分析の一つで、為替相場に
影響を与える経済や、社会、政治の動きを分析する手法になります。


 

FXマーケットでは、通貨の価格がマクロ経済に反映されていると
考えられているので、通貨の取引時期と方法(買いか売りか)を
決める基礎情報として、ファンダメンタル分析がよく使われます。


 

経済の状態が強い(景気が良い)国の通貨は、
経済の弱い国(景気が悪い)国の通貨より高くなります。


 

重要なポイントとして、経済ニュースと同様に政治的要因も
外国為替市場を大きく動かす要因となります。
(日銀やFRBなどの人事とか)


 

ファンダメンタルを分析することで、未来の通貨の
値動きをより理解することができます。


 

経済カレンダーのデータを調査すると同時に、
過去の動きと過去の予測値を調べ、実際の値動き
比較するとなにか見えてきます。 (´・∀・`)エー


 

マーケット(外国為替市場)の値動きは(過去の値動きと予測値に基いた)
マーケット(外国為替市場)の期待値と実際の値が
離れているときに大きく動きます。


 

FXマーケット(外国為替市場)を動かす要因となる
主要な経済データの例をいくつか紹介します。


 

 

1.金利

FXマーケット(外国為替市場)では、金利は、最も
影響のある通貨の価格変動要因です。


重要なポイントとしては、各通貨の日歩は
各国の中央銀行で決定されています。


 

低金利はその国の通貨の価値を弱めて
高金利は通過の価値を高める作用があります。


 

中央銀行が金利を引き上げるとその通貨の
保有額を引き上げることにもなります。


そのため、他の通貨に比べてその通貨を
保有することが魅力的になります。


その結果、通貨の価格は上昇します。

 

反対に、中央銀行が金利を下げると、その通貨を
保有することが魅力的でなくなります。


その結果、通貨の価格が下がることになります。

 

 

2.成長指標

成長指標は国の経済状態を表します。

成長指標がプラス若しくは拡大している場合、
その国の経済が全体として良い状態であることを示します。


 

これは、外国人投資家にとって魅力的でその通貨の
価値を上げることになります。


 

成長指標では通貨取引の指標である国内生産(GDP)、
国民総生産(GNP)、消費者物価指数(CPI)、
建築インデックス、資本支出及び財政支出が注目されます。


 

 

3.物価上昇率(インフレ率)

インフレは、特定の地域である期間の物価と
サービスが全体的に上昇すること言います。


 

インフレは国のPPI(生産者物価指数)と同様、
経済成長を測る方法として使われます。


 

中央銀行はインフレ率が制御できなくならないように
チェックしてバランスを保つ機能も持っています。


 

インフレ率が高い国は購買力が低く、
通貨の価値は低くなります。


 

低くなった通貨が強くなるということは、政府が
金利引き上げの介入をした可能性があります。


 

 

4.雇用指数

雇用統計はその国の経済状態を示します。

 

仕事に就く人の数が常に増加している場合、その国の
経済状況が拡大していることを意味します。


 

反対に雇用率の増加が見られない場合、その国の
経済状態が期待よりも悪いことを意味し、通貨の価値も
低くなります。


 

例えば、米国労働省労働統計局が毎月1回発表する
雇用統計の非農業部門雇用者(NFP)は、外国為替市場に
おける通貨の強さを決定する重要な役割を果たします。


 

 

5.貿易収支報告

貿易収支(BOT)はその国の輸入と輸出の差を意味します。

 

その国の輸出が輸入より大きければ、(貿易黒字)
一般的に通貨も強くなります。


逆に、輸入のほうが大きければ、(貿易赤字)
その国の通貨は弱くなります。

 

ニュースや出来事をどの様に取引に使うか?

 重要なニュースを基に取引を行うのは、世界中の
トレーダーが使うファンダメンタル取引の手法の1つです。


 

ニューストレーダーは、その出来事に対しマーケットが
どの様に動くのかを予測し、大きくタイミングを計ります。


 

ファンダメンタルトレーダーは、マーケットが予測し得なく、
大きな価格変動を起こしえるニュースを注意して見守ります。


 

ニュースの結果はマーケットに大きなインパクトを与えるので
ファンダメンタルトレーダーが注意しています。


 

世界最大の経済国から重要な経済ニュース発表は、
よく外国為替市場の値動きを引き起こします。


 

外国為替取引のファンダメンタル戦略の発表などは
経済ニュースの発表に続いてマーケットに影響のある
重要なニュースです。


 

どのような発表を注意して見るか、何時発表予定なのか、
そして観測した結果を基にどの様に取引するかについて
学習することが重要です。
(判断が難しいので、初めのうちはこの時間帯は
トレードを避けたほうがいいです)


 

こういった取引スタイルは多くのリサーチを必要とします。

 

しかし情報を多く持つとレーダーは、大きな利益を
出す可能性を持ちます。


 

重大ニュースに基くマーケットの動きは、
数分間しか続きません。 w(゚ロ゚)w


 

そのため、ニュースが起こった瞬間にニュースを
見ていることが成功の絶対条件となります。


 

重要イベントによる取引をしている時は、
マーケットの反発、作用にも注意する必要があります。


 

おっさんになったのか、この手のニュースは
興味津々で見ちゃいますが、ぶっちゃけこの時間帯は
避けたほうがいいです。

 

ファンダメンタルは奥がふかいですから(´゚∀゚`;)

 

でも、FXを通じて社会情勢に詳しくなるという
おまけがついてきます。(笑)

 

もう、あなたもグローバルな人間になれますよ(笑)

 

基礎知識もわかってきましたからそろそろトレード

次は、トレードの心構えに続く

 

 

ここまで、読んで頂きまして、ありがとうございました。



記事がおもしろかったら、ポチッとな
にほんブログ村 為替ブログ FX初心者本人(1年目)へ
にほんブログ村もう一つおまけに、ポチッとな
 
FX初心者 ブログランキングへ
 

もし、書いてある文章でわからない言葉とかがありましたら、 ぜひ、コメント下さい。 
何とか、調べて回答させて、頂きます。
  (どうしても、わからない場合は、師匠に泣きつきます)


月1回のボーナス 新FX
     

コメントを残す

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

サブコンテンツ

このページの先頭へ